映画『TANG タング』ジャパンプレミアレポート

映画『TANG タング』のジャパンプレミアが7月14日(木)に都内で行われ二宮和也、満島ひかり、市川実日子、小手伸也、奈緒、京本大我(SixTONES)山内健司・濱家隆一(かまいたち)、景井ひな、武田鉄矢、三木孝浩監督が登壇されました。ジャパンプレミアでは本作の重要なテーマである〈人生の宝物〉に因み、キャストがそれぞれの〈人生の宝物〉を披露!宝物にまつわるエピソー ドなどが語られました。大盛り上がりのイベントレポートを紹介します♡



イベントが開始されるとスクリーンには予告映像が流れ、予告が終わるとキャスト登場までのカウントダウンが開始。
カウントダウン後キャストのシルエットが幕に映し出され、幕が振り落とされるとキャストが登場、会場からは大きな拍手が湧き起こった。
壇上にはキャストのほかにTANGもおり、それをみた二宮は「可愛いですよね。この実体は久々に会います(笑)」とコメント。
初めに完成した本作の感想と一言コメントがそれぞれから話された。



二宮は「本日はお足元の悪い中、このようなたくさんの方々に来て頂きましてありがとうございます。無事に映画が完成したというご報告と、憧れのかまいたちさんと共演することができて本当に嬉しく思っています。本日はどうぞよろしくお願いします」


満島は「こんばんは、よろしくお願いします。幕が上がるまでこんなにもたくさんの方々がいるとは思っていなかったので、とてもびっくりしました。すごく可愛い映画になっております。私も憧れの想像よりも背の高いかまいたちさんと共演することができて本当に嬉しいです(笑)!」


市川は「本日はお越しくださってありがとうございます。想像以上にTANGが可愛らしかったです。あと私もかまいたちさんとご一緒できて嬉しかったです(笑)!今日は楽しんでいってください」


小手は「ご来場いただいたみなさん、ライブビューイングをご覧のみなさん、本日はお越しいただきましてありがとうございます。監督の三木くんとは大学の演劇サークルの同期でして。僕が三木くんの映画に出るタイプのキャラではないのですが今回初めて映画に呼んでくれました。今回の映画では僕は笑いは一切なしで、ミステリアスを重視してかまいたちのお二人の上司として身が引き締まる思いで演じさせていただきました。今日は最後までよろしくお願いいたします」


奈緒は「今日はありがとうございます。映画が完成して、本当にTANGが可愛くて、本当に老若男女のみなさんに楽しんでいただける映画になったんじゃないかなと思って、TANGの可愛さを早く皆さんに観ていただきたいと思っていたので、今日はとても嬉しいです。かまいたちさんとはアクションの方にも挑戦させていただいたりと貴重な経験ができて嬉しかったです!」


京本は「今回は大先輩の二宮くんと共演させていただいたことも僕は嬉しいですし、何よりこんなに心温まる作品に携わることができたのは本当に嬉しく思います。流れ的にかまいたちさんの話をあげようとも思ったのですが、僕がここら辺で切っておかないと後々大変ですもんね(笑)。短い時間ですが本日はよろしくお願いします」


山内は「まず、京本さんとスーツが鬼被りしたことは謝らせてください。本当に申し訳ございません。初めて映画にコンビで出させていただいて、ニノさんとのシーンとかはすごく緊張して、小手さんとのシーンは何も思わなかったです(笑)!」
濱家は「初めてコンビで出させてもらう映画で、素晴らしい作品に携わらせていただいたなと思いました」


景井は「本日はお足元の悪い中ご来場いただきありがとうございます。私はアンドロイド風の受付嬢を演じさせていただいたんですけど、風と言うのがすごく難しかったです。映画も初出演だったので大きなスクリーンに自分が映った姿を観たときにとても感動しました。今日はとても緊張しているんですけど、かまいたちさんのお二人がいてくれているのでちょっと安心しています」


武田は「いつもは先生なんですけど、この映画では博士を演じさせていただきまして、撮影は楽しかったです。また二宮くんのことを伸び盛りの勢いを感じるいい俳優さんだなと思いながら眺めておりました。かまいたちが出ていることは知りませんでした(笑)。」と話すと、かまいたちは「裏で挨拶した時になんだかそっけないと思った!」と言い会場の笑いを誘っていた。また映画について武田は「なかなか見事なファンタジーで二宮版ピノキオというのかな、物にだんだん心が宿って生き物になっていくようなそんな素敵な作品になっています。どうぞお楽しみください」と話していた。


三木監督は「今日は会場のみなさん、ライブビューイングの皆さん、お越しいただきありがとうございます。僕の作品の中でもそうですし、日本映画にもなかなかないジャンルの作品に今回挑戦しまして、スタッフもキャストの皆さんも3DCGで現場でいないTANGを相手に芝居をするというところにチャレンジしたり、すごく大変な現場ではあったんですけど、みんなで未知の世界にチャレンジして作った作品で、今日が初お披露目なので皆さんの感想がどきどきもしつつ楽しみであります」

たくさんのお客さんを前に初お披露目の聞かれた二宮は「贅沢を言わせてもらえるなら、みんなでわいわいしたいですけど、まずはみんなで集まって一つのものを一斉に観ていただくということだけでも僕は幸せに感じております。僕自身もこんなにもたくさんの人の前に立ったのが久しぶりで。なので懐かしさ感じております」と言い、出演した感想については「すごく楽しかったです。CGという技術が現代は上がっているので、演じる上で規制されることも多いのかなとは思っていたんですけど、ほとんどそんなことはなく、演じていて驚きがたくさんありました。撮影が終わってから1年半くらい経っているので完成したものを見て懐かしい!と演じている側は思うこともありました」とコメント。二宮と共演した感想を問われた満島は「すごく楽しかったですよ。撮影が始まる前や途中に「わ〜おはよう〜」などと話しかけてくれて(笑)」と言うと、二宮から「馬鹿みたいな!!」とツッコミ会場の笑いを誘っていた。

またどんなところを意識して演じたかや完成した作品を見た感想について
奈緒は「本当にTANGは可愛かったんですけど、その可愛さは完成したものを観ないとわからなくて」と話し、中国語を話すシーンが劇中であったことに関しては「中国語は思ったよりすごく大変ではなく、日本語の方が大変だなと思いました」と言い、二宮から「なんとなくわかります!」共感を得ていた。

京本は「TANGは本当に愛くるしくて、めちゃくちゃ可愛らしくて」と言い、自身の演じたナルシストという役については「監督と顔合わせをさせていただいた時に僕の役の決めポーすを3つくらい考えてから来てくださいと言われて、僕の中で色々考えた結果あまり何も考えずに行った方がいいんじゃないかということにはなったんですけど、毎日お風呂に入る時はポーズを考えていましたね。現場では皆さんがリアリティなお芝居をされる中で僕は二次元的な感じだったので、いかに髪をパサッとやったりする仕草などを現実的に見せるかが難しかったですね」と撮影を振り返り、撮影の1週間前から泥パックなどを行い撮影の準備をしていたことも明かしていた。また二宮は京本のナルシストな役柄について「プライベートとそんなに変わらないですよ。役作りしてないんだなと思いました(笑)」と言い、笑いを起こした。

景井は「Androidの役はやったことがなかったので撮影の前は他の方とお話しする時はずっとワントーンで話すように意識していました」とコメント。

武田は撮影現場を振り返り、「現場での
TANGは真緑の助監督がTANGを動かしているんですけど、二宮くんと演技をしているときも助監督がいて「どけ、どけ」と思っていて。完成したときに消えるとは思っていなかった」とCG技術について話していた。

小手は「今回はミステリアスな役という事だったんですけど脚本をいただいて、部下役の2人を知ってどう考えてもコメディによると思いましたね」

山内「僕はコントでやっている、狂気じみた感じをやってほしいと言われたのでそれを意識して演じていました。監督から「このシーンはこういう感じで」と言われて分かった感じを出していたんですけど、全くピンときていなかったです(笑)」と話し笑いを誘った。濱家は「僕はただただ大きくて、不気味で悪いやつという感じで。悪いやつをやっただけなんです!」と話していた。また映画の撮影を進行を止めないために絶対にセリフは忘れず覚えていこうと2人で決めていたということも明かしていた。またMCからかまいたちとの共演の感想を問われた二宮は「シンプルに千鳥さんがよかったですよ(笑)」と言い会場からは拍手が起こると、武田がかまいたちの演技について「すっごい不自然な芝居でした」と二宮に続いてかまいたちをいじり会場の笑いを誘っていた。



◇キャスト、監督の人生の宝物とは?

 

また中盤では本作の重要なテーマである〈人生の宝物〉に因み、キャストがそれぞれの〈人生の宝物〉を披露。

二宮は「仕事」

京本は「青山先生のサイン色紙」

三木監督「出会い」

小手は「縁」

 












 

最後に二宮は「ようやく出来上がって8月11日より公開されますので是非観ていただきたいですし、ライブビューイングで観ている皆さんも楽しんで頂ければと思っています。映画というものは世の中で立ち位置を変えながら皆さんの拠り所になる時もあれば、そういう暇はないよとかそれぞれだとは思うんですけど、それでいいと僕は思っていて、僕らは変わらずいいものを作り続けていくので、その中でみなさんの生活の状況に沿う形でもしこの作品に出会ってくれたら嬉しいなと思います。是非映画館で観て頂けたらと思います。本日はありがとうございました」と締め、ジャパンプレミアは終了した。


©️2015 DI ©️2022 映画「 TANG 」製作委員会
  • ▼TikTokフォローで毎週プレゼント抽選中💛

     

    ▼シンデレラフェスVol.10
      2023年4月5日開催!公式サイトをチェックしてね!

チームシンデレラ

チームシンデレラ

日本最大級の女子高校生チーム『Team Cinderella』
シンデレラフェスを主催する約100名のJKメンバーが、交替で“イマドキ情報”をお届けします!