初海外の前に知っておきたい😰【実際にあった恐怖&危険な体験】

  • It girl
  • Yuka ( It girl )
  • 2019.12.3




「海外旅行中は緊張感も必要!」
「日本にいるような気持ちで
行動するのは危ない!」
とよく耳にするけれど、
実際に起こりうるトラブルって
どんなことなんだろう…?

今回は、私の海外旅行中に実際にあった
恐怖&危険エピソードを
2つ紹介
します😉💕




①横断歩道

初海外の友達とグアムに行ったときのこと。
道路の幅、標識、信号、交通ルールは
もちろん全て日本と違っていました。

日本では歩行者がいたら
車が止まってくれることもあるけれど
海外、特に大道路では
そんなことは通用せず…。

友達には、そのことを事前に伝えてました💧
グアムの信号は、歩行者が渡ることができる
残りの時間(秒数)がカウントされて
そのあとに赤になります🚥

友達は、赤になっているのに
「急げば大丈夫!」と走り出しました…。
大道路の真ん中まで行ってしまって
私が「戻ってきて!」と大声で叫んで
連れ戻したので命は無事。怪我もなし。

一歩間違えると大怪我や死亡に繋がるので
行先の交通ルールは事前に調べましょう💫






②エスカレーター

中欧4ヵ国周遊ツアーで
ウィーンに行ったときのこと。
参加したツアーのメンバーは
旅慣れしているご年配の夫婦、
カップル、女子大生2組などなど。
(私は大学の友達と2人で参加しました)

この日は、地下鉄の乗車体験ということで
地下鉄で6駅ほど乗って移動する時間がありました。
日本と同じように電車に乗って
目的地のホームに降りて、
上りエスカレーターで改札階に向かうときに…

ここで事件発生⚠️
いきなり大きな音でサイレンが鳴り、
動いていたエスカレーターは止まり
乗っていた人の一部がドミノ倒しで後転。
このとき乗っていたエスカレーターは
緊急ボタンを押すと止めることができて
倒れている人がいることに気づいた人が
止めてくれたみたい😰

同じツアーの女性1人は頭を打ってしまって
女性もう1人は腰を打ってしまい、
大学生の女の子は足首を切って血だらけ。
(私はまだエスカレーターに乗る前でした)

なぜこのような事件が起きたかというと、
ウィーンのエスカレーターは
日本よりも動きが早くて
同じツアーのご年配の女性が
手すりに掴まろうとしたところ
掴まり損ねて後ろに倒れてしまったそう😭

この後、添乗員さんがすぐに救急隊を呼んで
頭を打った女性と腰を打った女性は
救急車で病院に行きました。

足首を切ってしまった女の子は
引きずりながら歩ける状態だったので
病院には行かず観光のほうに戻りました。

「日本と同じエスカレーター」
という認識でいると、思わぬ事件に
繋がる可能性があるということを
私も改めて勉強になりました😞






ヒヤヒヤしてしまいましたか?
トラブル防止のために緊張感を持ったり
こうして知識や情報を得ることも大切です!

このようなトラブルの対策で重要なことは
万が一の事態に備えるために
何をしたらいいのか?
それは海外旅行保険に加入すること🛩

旅行会社で旅行を申し込むときに
「海外保険に加入したいです」と
相談すると、おすすめのプランを
案内してくれることが多いです💖

海外旅行保険は、
病気や怪我だけでなく
携行品の盗難や破損、
搭乗便の遅延や欠航のときの
カバーもすることができます✌️

海外旅行保険に入って、
安全に海外旅行をしましょう🦋


海外に行きたいけど不安?
そんな子はこちらの記事もチェック💚

★海外で役立つおすすめグッズ3選

https://emmary.jp/itgirl/

★海外旅行中に気を付けるべきこと

https://emmary.jp/itgirl/

Yuka ( It girl )

海外・旅行・食べ歩きが好きです🌿 「〇〇したい!〇〇してみたい!」と好奇心に繋がるような楽しいこと等を発信します💚