いつものメイクをレベルアップ!ちょっとした1テクニックはこれ!




ベース編

 

1. 下地の前にクマを隠す!

一般的にはクマを隠す際には下地やコンシーラーを終わらせてから隠す場合が多いと思いますが、

下地を塗る前にコンシーラーをした方がクマを綺麗に消すことができます。

また青グマが気になる方はオレンジ系のクリームチークをコンシーラーの前に

画像のaの部分に仕込むことをおすすめします。

オレンジは青色の補色なため綺麗にカバーすることができます。

さらに、人中の部分にも同様にすることで顔色を明るく仕上げることも可能です!

2. ファンデーションを顔の中心部だけに乗せる!

ファンデーション(特に明るい色)は全体にのせることにより顔が大きく見えてしまうというデメリットが

あります。

顔の中心部だけにのせることにより顔の側面との自然なコントラストができ、顔を小さく見せることができます!

中心部の白浮きが気になる場合は下地やトーンアップの日焼け止めを顔の側面に塗ることによって緩和させると、より自然にみせるこができます。

3. 口角の部分にコンシーラーを乗せる!

口角の部分は影になっているため、暗く見えがちになってしまいます。なので、画像のcの部分にコンシーラー(なるべく明るい色)をのせてあげることにより、自然に口元が明るくなり、唇の形を綺麗にみせること、

またリップの発色をよりはっきりみせることができます!

 

コントアリング編


1. ハイライトで鼻を細く高く見せる!

一見普通のことのように見えますが、大事なのはハイライトを入れる位置です。

ハイライトで鼻を高く見せる際に、普通は鼻筋の部分にハイライトをのせるのが一般的ですが、

あえて鼻筋には入れずに画像のaの部分に入れることにより鼻を綺麗に細く高くみせることができます。

普段画像のaの部分にはシェーディングを入れる方が多いかと思いますが、あえてハイライトをそこに

入れることにより、鼻を自然に高くすることができます。

特に面長が気になる方や、鼻の存在感を緩和したい方におすすめです!

2. 眉尻の下にハイライトを!

眉尻の下の部分、画像のbの部分にハイライトをいれることにより、目元の印象を明るくし、

目元に立体感を生み出すことができます!




3. シェーディングを首元にも!

シェーディングを耳下から顎の裏、画像のcの部分に入れることにより、顔をよりスッキリみせることができます。

特にここにシェーディングをいれることにより横顔を綺麗にすることができます!


 

眉メイク編


1. 眉毛を描く前にパウダーを!

これはYouTuberの「ふくれな」さんもおすすめしていたもので、眉毛を描く前に眉毛の全体にパウダーを

少しのせてあげると、ファンデーションや余分についた油分などが取れて、一気に眉毛を描きやすくすることができます!

これは睫毛にも同様に活用することができ、マスカラなどを塗る前に睫毛にパウダーをのせることにより、マスカラを塗りやすくすることができます!


2. 眉尻にも明るい色を!

これはナチュラルメイクをするときにはあまりおすすめはできません。

普段眉毛を描く際は眉頭から段々薄い色から濃い色をのせていくと思いますが、

眉尻にも眉の真ん中部分と同じ色をのせることにより、垢抜けた感じの眉毛に仕上げることができます!

3. 書き終えた眉をコンシーラーで縁取る!

好きな形に眉毛を描き終えたあとにコンシーラーでその眉の形を縁取ってあげることで

眉の形をより綺麗にみせることができます!

 

アイメイク編

 

1. アイシャドウの下にチークを仕込む!

アイシャドウの下に薄く、アイシャドウの色を邪魔しない程度にアイホール全体にチークを仕込むことで、

メイクに一体感を出すことができます!

2. ラメ系のアイシャドウを縦にいれる!

これはYouTuberの「nanako」さんもおすすめをしている方法。黒目の上に縦に画像のdの部分に

ラメのアイシャドウをいれることにより目に立体感を生み出し、

目を潤んだように可愛らしくみせることができます。

また、瞬きをしたときにもとても綺麗です!これはぜひ夜に出かけるときや、

デートに行くときなどにいいのではと思います!笑





3. アイラインは黒目の上を避けて!

これはナチュラルメイクのときにおすすめです。一般的には黒目の上の部分だけにアイラインを引き、

黒目を強調させる効果があります。しかし、このやり方だとどうしてもケバく見えてしまう場合があるので、

自然に目の縦幅を強調し、目を大きくみせたい場合にはあえて黒目の上の部分を避けて、

目頭と目尻の部分にだけアイライナーを引くことでケバくならず、自然にみせることができます!

4. 涙袋を描く時にはコンシーラーを仕込む!

これは「TWICE」のメイクさんが紹介していたやり方で、SNSでも話題になっていました。

涙袋を書く際に、涙袋が欲しい部分にコンシーラーを塗ることでぷっくりとした綺麗な涙袋をつくることができます!


5. 涙袋を描く時にチークを仕込む!

私は先程紹介したコンシーラーを仕込んだあ とにチークをその上から薄く仕込んでいます。

こうすることでメイクにさらに一体感ができ、特に面長が気になる方はこれをすることによって、

中顔面を短くみせることにより面長を緩和することができます!


6. マスカラは繊維を付けるように塗る!

これは特にナチュラルメイクのときにおすすめです。

繊維入りのマスカラを使って睫毛の毛先に繊維を付けるように塗ると、自然に長い繊細な睫毛をつくることができます!

 

チーク編

 


1. チークを頬以外にも!

チークを頬以外にも鼻先,顎下,額の生え際部分にもつけることで血色感が統一され、メイクに一体感を生み出すことができます。

また、耳の部分にも付けることによって、照れているような可愛らしい雰囲気をつくることができます!

これはデートに行くときなどにおすすめです!笑











目元の画像は皆さんから見て左目が今回のテクニックを使ったもので、右目が使っていない方です。左側の方が少しくっきりして明るく見えると思います!(※画像は無加工で室内の電気の下で撮影しています)

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ぜひ1つでも皆さんの参考になったら嬉しいです!

ぁぃ

【JKライター研究生】可愛いと美味しいが口癖な高校2年生☺️ メイクやスキンケアが好きなので、皆さんの可愛いに少しでもプラスになる記事が書けるように頑張ります( ..)"