ReoNaの原点『怪物の詩』がついに円盤化!思いを語るインタビュー《読者プレゼントも🎁》

今回EMMARYがインタビューさせていただいたのは、

絶望に寄り添う”絶望系アニソンシンガー”として注目を集めるアーティスト

\♡ReoNa さん♡/



“ステージに立つ道を選んだ原点”として届けられる、3rdシングル『Null(ヌル)』が8月28日にリリース!

9月からスタートする初の全国ツアーへの意気込みや、自身の誕生日に行われるワンマンライブ、さらに “ReoNa ZERO”と呼ばれるプロジェクトについて、たくさん質問させていただきました(^-^)

ニューシングル『Null』をより深く理解できるファン必読のインタビューとなっています!

最後には、ReoNaさんのサイン入り読者プレゼントのお知らせもあります♡




◆ニューシングル『Null』について

――8月28日発売の『Null』は、“ReoNa ZERO”プロジェクトの中でReoNaさんのシンガーとしての原点を記した作品になっていると思います。今回のリリースに対してどのような心境でいますか?

ReoNa
『これまでも自分自身の抱えてきた想いや感情をすごく大切にして、言葉を紡がせていただいてきたなと思っています。
その中でも、今回の「Null」は特別な感じがします。“今まで”の自分、つまり過去に焦点を当てたシングルになっているのも感慨深いです。』



――収録曲はどのように決まっていったのですか?

ReoNa
『デビュー前の一番最初に出来たオリジナル曲の「怪物の詩」を収録するシングルにしようっていうのは最初に決まりました。
今回はアニメタイアップではなく、ReoNaのシングルとしてCDを出させていただくので、改めて“ReoNaとして伝えていきたいもの”の《原点》という形で収録する事になりました。』



――『Null』というタイトルでリリースされるにあたり、改めて『怪物の詩』と『Lotus』のそれぞれ楽曲の聴きポイントを教えてください。

ReoNa
『「怪物の詩」は今までライブでしか披露したことがないんです。初めて歌ったのは、17歳くらいの頃だったんですけど、その頃からの軌跡があるお歌です。
LIVEに来てくださっていた方々は特に色んな想い出がある楽曲だと思うので、今回改めて収録したものとどこか変わっている部分があるかな〜と聴いていただきたいです。
伝えたい気持ちがストレートに入っている歌詞なので、歌詞にも注目してもらえたら嬉しいです。

「Lotus」はまだライブでも未発表の楽曲です。デビューの時期からずっと温めてきました。歌い出しからハッとする歌詞で始まっているので、物語をひとつ読むような感覚で聴いてみてください。』



――なぜ『Lotus』はこれまでずっと温めていたんですか?

ReoNa
『衝撃的なインパクトがある言葉が最初から綴られていた楽曲で、自分自身にとって、ものすごく意味のある楽曲になるなとその時に感じていたんです。
この楽曲は、ちゃんと輝ける場所で出せたら良いなと思って、タイミングを一緒に待っていた結果、ここまで温めていました。』



――Aqua Timezさんの『決意の朝に』は、ReoNaさんのライブでは欠かせないカバー曲となっていますが、この楽曲を通してどんな想いを届けたいですか?

ReoNa
『歌詞にある「辛い時 辛いと言えたらいいのになぁ」っていう言葉に私自身が共感をしています。
知っている方はたくさんいる楽曲だと思うんですけど、改めてあぁ分かるな〜って思える部分がたくさん見つかればいいなと思います。自分の気持ちと重ねて聴いていただけたら嬉しいです。』





――完全数量生産限定盤の特典には、48ページ撮り下ろしフォトブックレットが付くということですが、どのような仕上がりになっていますか?

ReoNa
『ざっくり言うと、ものすごくかっこいい写真がたくさん!
衣装自体が黒っぽくモノトーンでまとめられていて、そんな衣装にプラスして写真自体もパキッとしたものが出来上がっています。初めてフォトブックという形で出させていただくので、色んな表情を楽しんでいただけたら良いなって思います。
デビュー前に初めてアーティスト写真を撮ったのが渋谷の街中なんですけど、ふあんくらぶ(ReoNa公式ファンクラブ)では、この頃の写真も見ることが出来ます。今回このフォトブックには、その時と近いロケーションで写真を撮らせていただきました。「ふあんくらぶ」に入っている方は、ぜひ見比べてみてください。』

実際に少し見せていただいたのですが、『Null』の世界観が表現された素敵なショットがたくさんありました…!



――『怪物の詩』のMVは、ReoNaさん初となるアニメ映像ですが、衝撃的なシーンも描かれていました。ReoNaさんご自身は今回のMVにどのような事を感じましたか?

ReoNa
『このMVは、私が小学4、5年生の頃にインターネットでボカロ曲をよく聴いていて、その時に大好きだったクリエイターチームの南方研究所さんに制作していただきました。当時繰り返し観ていて、世界観や楽曲に対してのキャラクターの描き方に共感を持っていました。自分の思い出とも相まってすごく嬉しかったです。
楽曲に合わせて作っていただいたMVは、アニメーションの中に主人公と怪物が表現されていて、そこには怪物の世界があって…ダークな表現だけどすごく繊細なMVになったと感じました。
映像って解釈がガチガチに固定されてしまう事もあると思うんですが、このMVには全くそんなことがなく、観る人に解釈の余地を残してくれる意味深な表現が素敵だなと思いました。』



――(MVで)電話ボックスの受話器がバナナになっているところがあったのですが、ReoNaさんはどういう意味だと感じましたか?

ReoNa
『“誰にも繋がらない”だと思いました。私の解釈が正解なわけではないんですけど、こういう色んな解釈が観る方にいっぱいあると思うので、そこを気になっていただけたのは嬉しいです!』



――『トウシンダイ』にもMVがつきましたが、風景が学校という事もあり、思春期的なまさに“等身大”について強く意識する映像だなと思いました。撮影も含めてMVが完成した時はいかがでしたか?

ReoNa
『楽曲の世界観に寄り添って表現しつつ、でも過度にお歌の存在を邪魔してない、まさしくMVだなと思いました。
歌詞が左側に縦書きで長めに出てきていると思うんですけど、この出し方にもすごくこだわっているんです。
長く言葉を置いていくことによって、発している言葉の前後を意識させたり、その言葉が何に対して作用しているのか考えやすくなっています。』



――学校での撮影はいかがでしたか?

ReoNa
『学校自体がノスタルジーを持っている存在だなって思いました。
撮影をした学校に実際に通っていたわけではないんですけど、初めて行った場所なのに何故か懐かしさを感じました。すごくすごく不思議なことだなと思います。』



――以前インタビューした際に、ピアスのモチーフの意味についてお聞きしたのですが、今回のモチーフはどんな視点から選ばれたのでしょうか?

ReoNa
『今回はイメージをお伝えして特注で作っていただいたんです。
「怪物の詩」が収録されるとなったので、ものすごく痛いものが詰まった形になると思い、“カミソリと涙と手錠と有刺鉄線”になりました。
まさかカミソリのモチーフになるとは思っていなかったんですけど、痛みや苦しみをストレートに表す、とても素敵なものになりました。』



――今回のシングルは何故『Null』というタイトルになったのですか?

ReoNa
『「Null」は、何もないとか空っぽとか“無い”っていう概念自体を表す言葉なんです。
ZEROが良いんじゃない?とか、怪物の詩をタイトルにしてカップリングを2曲にするかとか色々考えた結果、その中で一番しっくりきた言葉が「Null」だったんです。
そして、神崎エルザの原点を紐解いたシングルでは、始まりや序章を表す「Prologue」。
9月からのライブツアー「Colorless」と21の誕生日に開催するバースデーライブ。
「Prologue」「Null」「Colorless」で改めてReoNaというアーティストの原点について記していく“ReoNa ZERO”という1つのプロジェクトになっています。』




◆Till the Endについて

――ソードアート・オンライン(以下:SAO)原作小説刊行10周年記念のテーマソングをご自身が担当すると決まった時の率直なお気持ちを聞かせてください。

ReoNa
『本当に私で良いんですか?っていう気持ち。
私自身、人生を変えていただいた作品でもあるので、今持っている全ての力を持って歌わせていただかなければいけないと感じました。』



――特に意識が変わった部分はありますか?

ReoNa
『SAOにおける“君”って、登場人物がたくさん出てくる作品でもあるので色々な解釈があるんです。
その中で私にとって、この歌詞に出てくる“君”は一体誰なんだろうって改めて考えました。私の中では、一番強いのはキリトだったんですけど、後半へ進むにつれてここの“君”はもしかしたらユージオかもしれないとか、ここはアスナでもあるかもしれないとか、誰と重ねるかどう重ねるかっていうのをレコーディングまで考えました。』

SAOファンの方も、ぜひReoNaさんのように自分なりの“君”を当てはめて聴いてみてくださいね♪






◆ライブについて

――先日、神崎エルザとしてのスペシャルライブ“Re:AVATAR”を終えましたが、ReoNaさんにとってどのような一夜となりましたか?

ReoNa
『アニメに携わる歌を歌うという夢が叶ってから初めてのステージがAVATARだったんです。Re:AVATARのちょうど一年前に開催したライブです。当時の景色、すごく暑かった気温、裸足で初めてステージに立った足の裏の冷たさを鮮明に覚えていました。

あれからもう1年経つのかって思いました。すごく濃厚な時間を過ごしていたんですけど、それでも1年ってこんなにあっという間なんだなって。
1年経ってもまだ色褪せてないし、これから始まっていくもの、続いていくものがまだまだたくさんあるはずなので、自分自身の1年を噛み締めながら立ったステージでした。』



――今回のライブで一番心に残った場面はありましたか?

ReoNa
『歌い出しから静かにスタートした後、バッて光がついて初めてステージ側からハッキリとお客さんの顔が見えた時です。最初にみんなと目が合う瞬間は、今日もこんなにたくさんの人に自分のお歌を受け取ってもらえるって強く感じるんです。』

“Re:AVATAR”ライブレポートはこちら↓
《LIVEレポ》至極の共演再び!!【神崎エルザとReoNa】が織りなす圧巻のステージ!!



――来月からはワンマンライブツアー“Colorless”が始まりますが、意気込みを聞かせてください。

ReoNa
『全国に自分の足でお歌を届けに行けるんですよね…。その時に歌えるお歌は、その時一度きりしか歌えない生ものなんです。そこに足を運んでくださる皆さんと、その時にしか生まれない特別な時間を一緒に作れたら良いなと思います。』



――女性限定で開催される埼玉でのライブでは、何か特別なことをやりたいと以前ツイートされていましたが、どんな事を計画中なのでしょうか?

ReoNa
『今考えているのは、お見送りとか何かお渡しするとか、同性ならではの特別が作れたら良いなと思っています。』




◆お仕事&プライベートについて

――神崎エルザとしてのリリース→ライブ→ReoNaとしてのリリース→ワンマンツアーライブと勢いがすごいですが、この数ヶ月を振り返ってみてご自身の中でどんな時間でしたか?

ReoNa
『こんなに短いと感じる7月は人生で初めてだったと思います。心を込めてお歌を届け続けなきゃなと思いますしね。
本当に感謝が尽きない期間でした。色々な人に支えられているなと痛感した期間でもありました。』



――ReoNaさんの私服はどんな感じなのでしょうか?

ReoNa
『モノトーンでストリートっぽい服が多いです。自分自身のグッズを着ることも多いですね。今日はSAOのグッズTシャツを着てきました!
最近は楽さを重視して、大きめのサイズのTシャツとシースルーの丈が長めのスカートを合わせたりしてます。』




◆最後に…

――EMMARY読者の女子中高生にメッセージをお願いします。

ReoNa
『私が学生だった時期に、辛いこととか悲しいことを共感してくれるもの、自分の代わりに言葉にしてくれるものを探して結果的に出会えたのが、お歌やアニメとゲームでした。
今、何か抱えている方がいたら、ぜひ一度私のお歌を聴いてみてほしいなと思います。共感する部分があるかもしれないので。
今回初めて記事を読んだよという方は、過去のインタビューもぜひ読み返していただけたら嬉しいです!』


ReoNaさん
ありがとうございました!

1つ1つの質問にも丁寧に答えていただいたので、盛り沢山なインタビューとなりました(*´꒳`*)



ReoNaさんの過去のインタビューはこちらです♡

新生シンガー【ReoNa】がピアスに込めた意味とは!?新曲『forget-me-not』とTVアニメ『ソードアート・オンライン』の世界がリンクする至極のインタビュー♪

“神崎エルザの原点”が明かされる!? 2ndシングル『Prologue』リリース★【神崎エルザ starring ReoNa】独占インタビュー♪


8月28日(水)発売の『Null』やライブも注目してみてくださいね!



■リリース情報



【完全数量生産限定盤(CD+DVD+Photobook)】¥1,600+税
【初回生産限定盤(CD+DVD)】¥1,600+税
【通常盤(CD)】¥1,200+税

《完全数量生産限定盤仕様》
・DVD トールケースサイズ三方背ケース仕様
・DVD トールケースサイズ48ページ撮りおろしフォトブックレット付
・ミニポスター付
・「トウシンダイ」ミュージックビデオ、「トウシンダイ」ミュージックビデオメイキング映像収録DVD同梱

《初回生産限定盤》
・「怪物の詩」ミュージックビデオ収録DVD同梱
・撮りおろし16Pブックレット

〈収録楽曲〉
M1:「怪物の詩」(カイブツノウタ)
M2:「Lotus」(ロータス)
M3:「決意の朝に」(ケツイノアサニ)



■ReoNa オフィシャルサイト
https://www.reona-reona.com/

■ReoNa ZERO 特設サイト
https://www.reona-reona.com/zero/

■ReoNa official YouTube channel
https://www.youtube.com/channel/UCyUhtF50BuUjr2jOhxF3IjQ



最後は、EMMARY読者限定のプレゼントのお知らせ!

【ReoNaさんサイン入りクリアファイル】


を3名にプレゼントします♡



■応募締切■
9月9日(月) 終日

■当選連絡■
プレゼントの発送をもって、当選とさせていただきます。

≪応募方法≫

①EMMARY公式Instagram&Twitterを両方フォロー

(@emmary_mag)をフォローする

  ↓
②応募用ツイートをリツイート

リツイートする

  ↓
③応募フォームに入力して応募完了!

応募する


たくさんの応募お待ちしております♥

すてっぷ。

EBiDAN大好き高校2年生(*´꒳`*)自分の『好き』をEMMARY読者の皆さんに伝えられるように頑張ります♪
Twitter:@emmary_step