【LiSA】インタビュー★「”愛のカケラ“は知らぬ間にうつっちゃったもの」新曲『unlasting』に込めた想いを語る《読者プレゼントあり🎁》

EMMARY恒例のインタビュー!

 

 

今回は、アニソン界のロックヒロイン

 

\♡LiSA さん♡/





EMMARYでは、ありがたいことに3回目のインタビューです✨

 

12月11日にリリースされる新曲『unlasting』について、さらに仕事やLiSAさんの生き方のスタンスについてもお話を伺ってきました!

 

 

unlasting』は現在放送中のTVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」のエンディング曲としてOAされています!

 

すでにフルでの配信も始まっているので、要チェックです♪

 

 

 

 

◆新曲『unlasting』について

 

ーー「unlasting」はLiSAさんが草野華余子さんと共に作られたということですが、どんなお話をされましたか?

 

LiSA

『プライベートの延長線上のように、「アリシゼーションってこんな感じだよね」という作品に対する互いの答え合わせをする形で話しました。(草野)華余子さんと話していると、いつの間にか2時間とか4時間とか経っているんです。』

 

 

 

ーー”unlasting”という単語は色んな意味で捉えられると思うのですが、LiSAさん自身はどのようなイメージでタイトルに起用されたのでしょうか?

 

LiSA

“unlasting”って「永続しない」っていう意味なんです。

「続いていくもの」が“Forever”“Eternal”だとして、でも“not forever “とか“not eternal”ではないなと思いました。

続いていくのか続いていかないのか…。自分の心の中の浮遊している感じを一言で“not forever”と言うと分かりやすいけど、分かりやす過ぎて、そういう事じゃない私が言いたいのは!という気持ちもあって、「unlasting」としました。』





ーー特に注目してほしい歌詞はありますか?

 

LiSA

『高校生に愛を語るのってちょっと照れ臭いのですが…()愛のカケラってそこら中にあると思ったんです。ずっと一緒にいると、知らず知らずのうちにお母さんと同じような仕草になっていたりとか、すごく嫌なのにお父さんに似てるって言われる瞬間があったりとか、それって血に流れているものでもありますけど、長い時間一緒にいたからうつっちゃったものだと思います。

“貴方の香り”とか“貴方の話し方”が“体中に残っている”と言っているのは、その人からうつっちゃったものです。いつの間にか語尾が似ちゃったり好きな匂いが一緒だったり、うつってしまったものって簡単にはとれないものだと思うんです。そういう愛のカケラが、知らない間に自分の中にいっぱいあって、それってすごくエモいなと思いました。真似したわけじゃないのに、勝手に自分の中に入ってきちゃったもの、“愛のカケラ”です。』

 

自分の中にはどんな愛のカケラが入っているのか、この曲を聴きながら思い浮かべてみると、よりunlastingの深みを感じられると思います!

 

 

 

ーー前回リリースされた「紅蓮華」ではベースがかっこよくてお気に入りとおっしゃっていましたが、今回の新曲にもお気に入りポイントはありますか?

 

LiSA

『中国の二胡という楽器を使っているんですけど、その楽器の音色が曲の中で漂う感じを注目して聴いてほしいです。』

 

 

 

ーーMVでは、時間を巻き戻すような描写が見られました。LiSAさんは時間を巻き戻したいと思うことはありますか?

 

LiSA

『やっぱり学生の時かなー。勉強しておけばよかったと思います。

世の中の成り立ちって、基本的に何に当てはめても同じで、基本形が勉強なんだなと思うんです。人との関わり方も根本的な作り方は勉強でも学べたと感じますね。』

 

 

 

ーー今まで沢山の楽曲を「ソードアート・オンライン(以下:SAO)」に向けて作ってこられたわけですが、その過程を経て改めてSAOとはどのような作品だと見ていますか?

 

LiSA

『最初は、それこそゲームの中の世界ですごく夢がある話だと思っていたんです。でもどんどんお話に関わらせていただくにつれて、私の書いてることはすごく人間ドラマだと思いました。友達がいるとか誰かを守るためにとか、誰かのことを信じて戦うとか。根底は人間対人間の話なんだと思います。』

 

 

 

ーーカップリングの「ハウル」はどのような曲ですか?

 

LiSA

『人は子供の頃はお腹空いたら泣いて、おしめ替えてほしい時に泣いて、ムカつく時に泣いていたはずなのに、成長し大人になっていくとお母さんが困るから泣くのやめようとか、あの人にこう思われるから言うのやめようって知識がついてきて、迷惑をかけない方法とか自分の見せ方を気にしていく節がすごくあるなと思っていて、だけどそればっかりをやっていると本当の自分が分からなくなる、自分で今悲しいのかどうか。だから素直に生きられるってすごく難しいことだとは思います。

「ハウル」は、遠吠えとか響きという意味なんですけど、自分の中に沸き上がる感情みたいなものを歌っています。「素直でいればいいじゃん!」っていう曲。』

 

 

 

ーーそのテーマで曲を書こうと思ったのはなぜでしょうか。

 

LiSA

『みんなはこういうものが好きかな、人はこういうものを聴きたいだろうなって考えていたら、自分が作りたい曲がどういうものなのか分からなくなってしまったんです。自分はどういう自分だっけって分からなくなってしまって。でもたまには、そういう意味の分からない解決出来ない感情が出てくるのは、すごく大事なことだと思ったからです。

大人になって、あの時どうしてこう思ったんだろうと振り返っていくと解読できる事もいっぱいあります。』

 

 

 

ーー「KALEIDO」と「Chill-Chill-Dal-Da」についても、推しポイントを教えてください。

 

LiSA

『「KALEIDO」も大事な人に向けて歌っている曲で、万華鏡みたいに形を変えていくものっていう意味なんです。カレイドスコープ(万華鏡)みたいに、その時その時に見せている大事な瞬間を全部大事にしたいという曲です。

サビが3回あって「大丈夫」「大丈夫」ときて、最後が「大好きな」になるんです。そこがちょっとだけメロディーが異なっていてすごくエモいです。ラスサビがエモポイント!

Chill-Chill-Dal-Da」は、ずっと楽しいですよ!全部わがままにやりたいっていう時に聴いてるとすごく楽しくなると思います。』

 

 

 

ーー紅蓮華ツアーが終ったところですが、改めていかがでしたか?

 

LiSA

『今まで行ったことのない場所とか久しぶりに行く場所もいっぱいあって、同じライブをしているはずなのに各地で1回1回違う景色があって盛り上がり方も全然違くてすごく楽しかったです。』

 




ーー実際にライブに行った方からは、「ちょっぴり妖艶な雰囲気もあるライブだった」とお聞きしました。

 

LiSA

『ピアノのインストから始まって私が襖越しで着替えをするっていうシーンを作ったんです。

人が着替えているシルエットを見るなんてそんな機会、中々ないでしょ?

夏の神社がテーマのステージセットだったので、夏の神社の中でいけないことしてるところを覗き見てるような感じになったら良いなと思って襖の向こうで着替える演出を作りました。

 

実は京都公演の時に舞妓さんにお会いして、手の動きや上品に見せる動き、どうしたら着物を着ている女性が美しく見えるのかを勉強させてもらいました。京都以降の私の動きにちょっと舞妓さんっぽさが入っていたりします…()。』

 

演出にもこんなに大きなこだわりが詰め込まれていたなんて!

LiSAさんの物事をより良くしていこうとする探求スタイルにもとても憧れます!

 

素敵なライブとなったことが感じ取れました(╹◡╹)

 

 

 

 

◆ご自身について

 

――デビューからずっと変わらないスタンスや大切にしていることなどはありますか?

 

LiSA

 

「今日もいい日だっ。」        

 

どんな日でも、楽しいことで塗り替えた方が楽しいのになというモットーです。

嫌なことが99個あっても1個楽しいことがあれば「楽しい!」って思える、自分の嫌いなところが99個あったとしても1個愛せるところがあれば自分のことを愛せる、っていう概念です。

私は毎日反省しちゃうんです。「嫌なこといっぱいあったな」という負に支配されて、生きた時間を無駄に感じてしまうのは悲しいから、自分にちゃんとハナマルをつけてあげたいと思ったんです。「良いこと1個見つけられた!ハナマル!OKだよ!」と自分の思考を前向きにする魔法です。』

 



――そういったスタンスも含めて、LiSAさんが“LiSA”らしくいられる秘訣は何ですか?

 

LiSA

『好きなものや自分がいいなと思うものをいっぱい感じてきたからかも…自分がLiSAらしくあるために、自分の中の“LiSA”というプロフィールに1個ずつ加えてきたからだと思います。

自分の好きなものが分からなくならないように、目印を置いていく感じです。好き嫌いを選択する毎日があるわけじゃないと思うんですけど、赤か青かで好きな色を赤と選んだ時のことを忘れないでいること。

私はこういう人間なんだって知っておく事はとても大事!』

 

自分のプロフィールって意外と雑に決めてしまいがちだったり、決めきれないことが多かったりしますよね。

LiSAさんのように、選択することを蔑ろにせずに、自分の好きなものをしっかり意識して選んでいきたいと思います…!

この時に、『知らず知らずのうちに選んだものは、ちゃんと自分の好みなんだよ』とおっしゃっていたのも印象的でした(*´꒳`*)

 

 

 

――EMMARY読者の中には、進路について悩んでいる方も多くいます。やりたい事と良い大学への進学、こういう選択の思い切りはどうしたら持てるものなのでしょうか。

 

LiSA

『覚悟!自分がそれを選んで後悔しない覚悟!

大学に行って夢を諦めたことに対して後悔しないなら大学へ行くべきだし、大学へ行ける選択があるのに夢を選んだ自分が残した結果を人のせいにしないこと。』

 

 

 

――LiSAさんに歌があるように、自分の生きがいとなるものを見つけるために必要な事とは何だと思いますか?

 

LiSA

『目の前のことに一生懸命になること。精一杯出来ることをやる。あとは、自分の感情を見逃さないこと。好きだ、いいな、嫌だな、そういう感情を見逃さないことです。

そしたらきっと、自分にとっての生きがいとなるものに出会えると思います。』

 

 

 

 

◆最後に…

 

ーーEMMARY読者の女子中高生にメッセージをお願いします。

LiSA

『学生であることを楽しんでください!

勉強も楽しんでやった方が良いです。勉強しておいたら、乗り越えられる事が多いし、人よりも先回り出来て色んなことが理解出来るようになるので!』





LiSAさん

ありがとうございました!

 

 

 

 

来年は10周年イヤーとなるLiSAさん。

 

大好きなステーキをジュウ(10)〜と焼いて盛大に祝いますとおっしゃっていました(笑)

 

紅白への初出場も決まり、より一層のスピード感とパワフルさで駆け巡る姿に期待です!

 

 

そんなLiSAさんが作詞されたニューシングル『unlasting』12月11日(水)にリリース!

 

 

 

 

 

 

■リリース情報

 

【収録楽曲】

M1 unlasting

M2 ハウル

M3 KALEIDO

M4 unlasting -Instrumental-

※期間生産限定盤のみ

M3 Chill-Chill-Dal-Da

M4 unlasting -TV ver.-

 

《通常盤(CD)¥1,200(税抜)


《初回生産限定盤(CD+DVD)¥1,600(税抜)

☆「unlasting」ミュージッククリップ収録DVD付

☆「unlasting」PHOTO CARD同梱

☆三方背ケース仕様

 

《期間生産限定盤》¥1,600(税抜)

☆TV アニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」ノンクレジットED映像収録DVD

☆アニメ描きおろしイラスト使用ミニポスター&イラスト使用三方背ケース仕様

 

 

最後は、読者プレゼントのお知らせです!

 

 

【LiSAさんサイン入りクリアファイル】




を抽選で3名にプレゼント!!

■応募締切■
12月22日(日) 終日

■当選連絡■
プレゼントの発送をもって、当選とさせていただきます。

≪応募方法≫

①EMMARY公式Instagram&Twitterを両方フォロー

(@emmary_mag)をフォローする

  ↓
②応募用ツイートをリツイート

リツイートする

  ↓
③応募フォームに入力して応募完了! ※応募受付は終了致しました。

応募する


たくさんの応募お待ちしております♥

 

 

 

はるメロン

メロンと大好きな音楽が生きがいの高校3年生、はるメロンです! 読者の皆さんと同じ目線で、共感できる記事をたくさん書けるように、頑張ります!少しでも、みんなのJKライフに花を添えられたらいいな♪
Twitter:@EMMARY_melon