みんな知ってた!?【アイスの種類】について解説します♡カロリーの違いにも注目です!

夏になると食べたくなる食べ物といえばやっぱり…
アイス♡♡

ところでみなさんは、”アイスの種類”について疑問に思ったことはありませんか??


出典:https://www.instagram.com/


ふと表示を見てみると「アイスクリーム」「氷菓」などと書かれています。

しかし、違いを分かっている人は少ないですよね…
( ; ; )

今回は、みんな大好き『アイス』の種類について解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね♫



◆アイスの種類ってどうやって決まるの?

アイスは大きく
・アイスクリーム
・アイスミルク
・ラクトアイス
・氷菓
の4種類に分けられます!

ちなみに、「アイスクリーム」は乳固形分15%以上、うち乳脂肪分8%以上。
4種類の中で最もミルクの成分が多く濃厚なものになります!

このように乳固形分と乳脂肪分の割合によって種類が分けられるんです♡

ミルクの成分が高い順に、

①アイスクリーム
②アイスミルク
③ラクトアイス
④氷菓

となっています。



◆アイスクリーム(乳固形分15.0%以上 うち乳脂肪分8.0%以上)

乳固形分と乳脂肪分が多く、ミルク感が強いコクのあるアイスです♡

4種類の中では値段が高いことが多く、高カロリーなのでダイエット中の方は要注意です!

市販の「アイスクリーム」の代表的な商品はこちら!

・ハーゲンダッツ バニラ


出典:https://www.instagram.com/



・ピノ


出典:https://www.instagram.com/



・パルム


出典:https://www.instagram.com/




◆アイスミルク(乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分3.0%以上)

アイスクリームよりは乳固形分、乳脂肪分が少ないアイスです!

ほとんどアイスクリームとの違いを感じられませんが、よく味わってみると少しさっぱりしているかも。

市販の「アイスミルク」の代表的な商品こちら

・雪見だいふく


出典: https://www.instagram.com/



・たべる牧場ミルク


出典:https://www.instagram.com/



・チョコモナカジャンボ


出典:https://www.instagram.com/




◆ラクトアイス(乳固形分3.0%以上)

一番よく見かけるのがこのラクトアイス!

ミルク感が少なくさっぱりしていますが、ミルク感を補うために植物油脂が多く入っているものもあるので、実はカロリーには要注意です( ; ; )

市販の「ラクトアイス」の代表的な商品はこちら!

・明治エッセルスーパーカップ 超バニラ


出典:https://www.instagram.com/



・クーリッシュ バニラ


出典:https://www.instagram.com/



・パピコ


出典: https://www.instagram.com/




◆氷菓(他の3種類以外のもの)

他の3種類以外のもので、一般的にミルクの成分がほとんど入っていないアイスのこと。

シャーベットやアイスキャンディーは氷菓に含まれます!

カロリーも4種の中では一番低いことが多いです!

暑い時期に食べたくなりますよね♡

市販の「氷菓」の代表的な商品はこちら!

・ガリガリ君


出典:https://www.instagram.com/



・アイスの実


出典:https://www.instagram.com/



・ガツン、とみかん


出典:https://www.instagram.com/





いかがでしたか?

これからはぜひ種類にも注目してアイスを選んでみてくださいね♪

アイスを食べて暑い季節を乗り切りましょう♫

すてっぷ。

EBiDAN大好き高校2年生(*´꒳`*)自分の『好き』をEMMARY読者の皆さんに伝えられるように頑張ります♪
Twitter:@emmary_step