「自信が無くても“好き”が勝つから歌う」【安田レイ】の根源に迫るインタビュー!!《読者プレゼントも?》

今回EMMARYがインタビューさせて頂いたのは…

元気・希望・パワーに溢れた音楽を次々と生み出すシンガーソングライター

\\♡安田レイ さん♡//



この度、12thシングル『over and over/dazzling tomorrow』7月17日にリリース!!

安田さんが考える「音楽の力」や歌手活動を通して伝えたいメッセージなど深掘りしてお聞きしてきました!

読むだけですごくパワーが湧いてくるようなインタビュー記事になっています♡

最後にはステキなプレゼントも!!

ぜひ最後まで読んでくださいね!




◆新曲について

——今回の新曲『over and over』は大切な人と一緒にいるささやかな幸福を感じる一曲でしたが、安田さん自身は完成した新曲を聴いてみていかがでしたか?

安田レイ(以下:安田)
『早くライブで歌いたいなと思いました!きっとライブを通してこの曲は育っていくと思うので。
サビの中で「oh oh…」って言うところがあるので、そこでみんなと声を出しながら楽しめたらなと思います。
「over and over」って“繰り返す”という意味なんですけど、私達って似たような事を何度も繰り返して生きてると思うんです。その中で辛い事や嬉しい事があったりして。
そういう波を乗り越えていける理由ってやっぱり「ひとりじゃない」という、周りに不安な思いを共有・共感してくれる人がいるからなんだって事を、この曲を通してみんなと気付けるといいなと思います。』



——この曲の歌詞にある“君”は、聴く人によって「恋人」だったり「親友」だったり、捉え方は様々だと思うのですが、安田さんにとっての“君”はどんな人ですか?

安田
『私の場合は“友達”ですね。同じ業界に高1からずっと仲のいい女の子がいて、その子には本当に色んな事を相談しています。私が不安な時に「大丈夫だよ」って勇気付けてくれたりして。
私は、そんなに友達が多い方ではないんですけど、1人とか2人でいいんです。広く浅くじゃなくて、少なくてもいいから深い関係を築く事が大事だと思います。そういう人が困った時に助けてくれると思うので。』



——『over and over』は、特にどんな人に聴いてもらいたいですか?

安田
『この曲は繰り返しの日々でも前進していこうという事を歌っているので、年齢や性別、どんな環境にいるかとかは問わずにたくさんの方に聴いてもらいたいと思って作りました。特定の誰かではなくて、みんなに共感してもらえると嬉しいです。』



——2曲目の『dazzling tomorrow』は、タイトルの意味通り「明日」に希望を抱けるような曲だなと思いました。この曲にはどんな想いが込められていますか?

安田
『タイトルは「輝く明日」という意味ですが、テーマは“自分の弱いところを誰かに見せてみようよ”なんです。
私もすごく強がり女子なんですけど、自分の弱さを隠して強がっちゃう人って多いと思うし、それで悩んでいる人も沢山いると思うんです。そういう時、誰か近くにいる人に自分の弱さをポロっと言ってみたりすると、別に強がらなくてもいいんだな、弱くてもいいんだな、支えられているんだなって気付けますよね。それに気付けると世界ってすごく明るく変化していくと思います。だからこれは、そんな強がってるみんなに向けた楽曲になっています。』



——虹色のCDジャケットがとても印象的だったのですが、ご自身で考えられたんですか?

安田
『優しい光の世界をジャケットに表現したいなって思っていたんです。今回の2曲がまさに虹の世界を想像できるようなテーマだったので、これに決まりました!
虹って様々な色があって、人の感情とすごくリンクしているように感じます。燃えるような赤の日もあれば、沈むブルーの日もあって、そういうイメージがこの2曲とリンクするんじゃないかと思います。

高校生の間でも虹って流行ってますよね…?
虹色の綿あめとかありませんでしたっけ…?』

JKライター(みゆたろ)
『流行ってます!
最近は虹色のチーズのトーストとかもあったりします。』

JKライター(みのり)
『虹ってインスタ映えするところもポイントだと思います。』

安田
『そうですよね!すごく映えるジャケができました!(笑)』





——リリースを楽しみにしているファンの皆さんにメッセージをお願いします。

安田
『サウンドは異なる2曲ですけど、どちらもポジティブな楽曲なので、この2曲が皆さんの日常の中に溶け込んで、少しでも前向きな気持ちになってもらいたいです。どちらの曲もたくさん聴いてもらえると嬉しいです。』




◆お仕事について

——歌手になろうと思ったきっかけは、宇多田ヒカルさんとの出会いだと伺ったのですが、もし歌手になっていなかったら今頃何をしていたと思いますか?

安田
『そうですね…ファッションもすごい好きで、ライブの衣装も自分でスタイリングしてたり。だからファッションに関する何かをしてたかもしれないです。
ブランドのプレスとか、大変な仕事だとは思うんですけど、キラキラした仕事だなと思って憧れていた時期はありました。』



——夢を追いかける女子中高生に夢を叶える秘訣やアドバイスがあれば教えてください。

安田
『私は歌に自信があったわけじゃないんですけど、自信って同時進行で徐々についてくるものだと思います。
自信がなくても「好き」が勝ってて「歌が好き」っていう気持ちだけは誰にも負けたくなかったので、こうして今でも続けられているんだと思います。

歌の世界は厳しいから、ちゃんと大学に行って仕事を見つけた方がいいって言われた事もありましたけど、やっぱり私は歌しかない!って。

周りの意見に流されそうになる事もあると思いますが、自分のやりたい事・好きな事を信じるのが大事です。

…たまには大人の意見も聞かないといけないけどね。(笑)』



——今までで1番印象に残っているライブはありますか?

安田
『初めてライブをした“さいたまスーパーアリーナ!”
それから2、3年前くらいにボーイズスカウトのイベントで歌ったのが思い出深いです。
毎年世界の色んな場所で開催されているんですけど、その年は日本で開催されて。
色々な国々の方がいて中々英語も日本語も通じなかったんですけど、でも歌い始めたらすごく盛り上がりました。
私が歌っている事は、言葉としてはほとんど伝わっていないんですけど、思いは伝わっているんだろうなっていうのを感じました。音楽っていろんな壁を崩してくれるんだって事が改めてわかったライブでした。』

安田さんは、ボーイズスカウトのイベントでのライブを通して、海外でのライブにも挑戦したいと思ったそうです!



——歌手としての生活が始まった瞬間、当時はどんな気持ちでしたか?

安田
『不安ばっかりでした。初めてのステージがさいたまスーパーアリーナっていうとんでもないところで、ライブの経験が全然なかったからどうすればいいかとか分からなかったです。しかもレコーディングとライブは全然違うので、大変な事も多かったですね。

今はここが自分のホームだなと実感しています。ファンの人と作るライブの楽しさも分かって、すごくやりがいを感じています。』



——前回の取材で「ライブ前にマネージャーさんにガチパンチをして緊張をほぐす」というお話を伺ったのですが、他に何かライブ前のルーティーンはありますか?

安田
『たわいもない話をする事です。
熱をもって話し出すと逆効果なので、昨日行ったラーメン屋の話とか(笑)』





——今後、歌を通してどんなメッセージを届けていきたいですか?

安田
『思ってる事を言葉にするのって得意ではないですが、音楽を聴くとその気持ちを代弁してくれてる気がして、私は救われてきました。だから、今度は私が作った楽曲で誰かを支えたいなと思っています。
一番伝えたい事は、自分のアイデンティティを大切にしてほしいという事です。私は3歳から日本で暮らしてきて、日本の学校に通った時期もあったんですけど、この見た目なので辛い思いとかもしてきました。
「誰かと違う=ダメなこと」っていう意味分からない空気があると思いますが、「誰かと違っている事を恐れないで」っていうのはすごく思っています。自分自身が経験してきたので、そういう事で悩んでいるたくさんの人と一緒に戦っていきたいと思ってます。』




◆プライベートについて

——今年も折り返し地点を越えましたが、2019年の残りはどのように過ごしていこうと考えていますか?目標などがあれば教えてください。

安田
『今は、バーベキューがしたいです!
あとは、ニューヨークに行きたいなと思ってます。
インプットする時間を作りたいんです。ニューヨークって才能を持った人が集まる場所なので、自分にとってすごく大きな刺激になると思うんです。今の自分は、きっと刺激を求めてるんでしょうね。
あとは最近、作詞作曲をたくさんさせてもらっていて、曲のストックが結構あるのでそれをブラッシュアップする作業とかもやりたいと思います。
旅に出たらまた、自分の中でいろいろ変化があると思うので、そこから曲も作りたいですね!』



——最近ハマっているものやマイブームがあったら教えてください。

安田
『古着にハマっています。ライブで地方に行く機会があって、行った先で古着屋さんを探して行くっていうのがマイブームです。都内で買うより全然安いのでオススメです。』

安田さんは大阪のmareという古着屋さんが大好きで、ライブで大阪に行ったら必ず足を運ばれるそうです(^^)



——明るくて前向きで元気なイメージのある安田さんも、ネガティブになってしまう時はあると思うのですが、安田さん流のモチベーションの上げ方があれば教えてください。

安田
『おいしいものを食べる事ですね!
普段はダイエットにも気を遣って、遅い時間に食べないようにしてたりするんです。でも、何か失敗してブルーになってる時は、何も考えずに好きなものを食べる!これって大事だなって思ってます。
特にお肉のパワーがすごい。
お肉をいっぱい食べて、いっぱい寝て、そしたら私はもう無敵です。』




◆最後に…

——EMMARY読者の女子中高生にメッセージをお願いします。

安田
『学校で過ごす時間を大事にしてください。ほんとに一瞬です、ほんとに!
高校の3年間は私もすごく早かったですし、その3年間って夢を見つけたりするのにとっても大切な時間だと思います。
仲間と一緒に涙を流しながら、夢を見つけて、前に進んでたくさん遊んで、たまに勉強もしてそんな風に楽しんで過ごしてください。』



安田レイさん
ありがとうございました!!

とても優しくお話ししてくださって、終始笑いの絶えないインタビューになりました!

安田さんのお話を聞いているだけでパワーが湧いてきて、とても前向きになれた気がします!!

安田さんの楽曲自体にも、人を勇気付けるパワーがあるので、皆さんぜひ聴いてください♡


■安田レイさん 公式サイト
http://www.yasudarei.net/sp/

■安田レイさん 公式Twitter
https://mobile.twitter.com/yasudarei

■安田レイさん 公式Instagram
https://www.instagram.com/yasudarei/



■リリース情報

[初回生産限定盤] CD+DVD \1,800(税込)
[通常盤] CDのみ \1,200(税込)

<DVD 収録内容>
・「over and over」Music Video
・「dazzling tomorrow」Music Video


<収録曲>
M1.over and over M2.dazzling tomorrow
M3.over and over –Instrumental- M4.dazzling tomorrow –Instrumental-



最後は、EMMARY読者プレゼントのお知らせです!!

【安田レイさんサイン入りクリアファイル】



を抽選で3名様にプレゼント♡



■応募締切
7月26日(金) 終日

■当選連絡
試写状の発送をもって、当選とさせていただきます。

応募は締め切りました。

たくさんのご応募ありがとうございました!



みゆたろ

"カフェ巡りと古着が大好きな高校2年生♡ みなさんの毎日が少し輝きを増すような記事が書けるように頑張ります!!一緒にJK楽しみましょう!"
Twitter: @miyutaro_emmary